バイクのプロテクター

バイクの転倒はかなり痛く痛いだけですまない場合もあります。そんな場合に備えてジャケットにプロテクターを装着することにより、ダメージをかなり軽減することが出来ます。 一般に使用されているものは、動かしやすく衝撃吸収性のあるウレタンパッドで、上級のモデルではハードタイプのプロテクターを使用しているものもあります。

バイクのプロテクターには、部位として、首プロテクター、肩プロテクター、腕プロテクター、肘プロテクター、胸部プロテクター、背中プロテクター、臀部プロテクター、ひざプロテクター、すねプロテクターなどがあります。また、ジャケットやパンツの様に一体化されたプロテクターもあり、様々なバイクのプロテクターがライダーの危険の軽減や防止に準備されています。

部位としてのプロテクター

ネックスプロテクター(ネックガード・ネックプロテクター)

バイクのネックスプロテクター・ネックガード・ネックプロテクター

首プロテクターはネックスタビライザー、ネックガード、ネックプロテクターとも呼ばれ、バイク運転中の転倒時等に頭部から頚部に掛かる衝撃を分散・吸収することで頸部の損傷予防と転倒時にヘルメットでの鎖骨の骨折を予防しする役目があります。
このネックスタビライザー(首の安定)はモトクロスやエンデューロの普及で脚光を浴びてきた安全アイテムです。

ボディプロテクター(胸部プロテクター)

バイクのボディプロテクター・胸部プロテクター

ボディプロテクターは胸部プロテクターとも呼ばれ、バイク運転中の転倒時等にライダーの胸部と腹部を守るプロテクターです。このボディプロテクターはバイクメーカーのホンダが白バイ隊員の安全を確保する目的で、肋骨を衝撃からしっかり守ることができる剛性の高さと暑さ対策、そしてライディングを妨げない素材やデザインの3つをポイントに作成したのが最初らしいです。

バックプロテクター(脊椎プロテクター)

バイクのバックプロテクター・脊椎プロテクター

バックプロテクターは脊椎プロテクターとも呼ばれ、バイク運転中の転倒時等にライダーの脊椎を守るプロテクターです。
このバックプロテクターは背中に背負う様に装着します。バイクから投げ出され背中から路面に落下する場合などに威力を発揮する安全アイテムです。

写真のバックプロテクターはコミネ製でウエストにマジックテープ式のベルトも着いており、フィット感はなかなか良いです。

最近のバイク用ジャケットに脊椎プロテクターの装備が多いですが、少し前のものだと無い場合もあります。この製品は背負うだけですから簡単に装備できます。

ショルダープロテクター/エルボープロテクター/ニーシンプロテクター

バイクプロテクター バイクプロテクター バイクプロテクター

肩を守るショルダープロテクター、腕の肘を守るエルボープロテクター、足の膝(ニー)とすね(シン)を守るニーシンプロテクターも忘れてはならない大事な安全アイテム。

一体化されたプロテクター

バイクプロテクタージャケット バイクプロテクターパンツ バイクプロテクターパンツ

バイクのプロテクターには、部位としてではなく一体化されたプロテクタもあります。胸、肩、ヒジ、背中と、あらゆる部分をガードするプロテクタージャケットは運動性も高いそうです。またプロテクターパンツも同じ様に一体化されたバイクプロテクタです。

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

バイク安全装備用品

バイク盗難対策用品

バイクツーリング用品

バイクメンテナンス

バイクテクノロジー

スポンサードリンク

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!

サイトMENU

Copyright (C) バイク用品 通販. All Rights Reserved. - 2011-2016 -