バイク ブーツ

バイク ブーツ

安全なバイクライブのためにバイク ブーツは欠かせません。

転倒時に路面の上を滑った場合に膝はもちろんのこと、足の前面又は側面全体をカバーします。

これはスニーカーなどではとても無理なこと。

また、バイク ブーツを履くことでズボンのバタつきなどが無くなるので一段と安全性が高まります。

そして、なによりカッコいい。

ファッションとしてもバッチリきまりますから、バイク ブーツを履かないとバイクを転がしたくないと言う友人もいるぐらいです。

バイク ブーツ

たくさんあるバイク ブーツからどんな風にブーツを選んでいけばいいのが初心者には分かりませんよね。

私も最初はわかりませんでした。ですので、バイク ブーツ初心者の方に向けたポイントを以下に説明します。

最近はフットギアともいったりしますが、バイク ブーツは、足首の動きやすさと各関節や衝撃を受けやすいところにプロテクターが入っています。

バイク ブーツ

バイク ブーツはこのプロテクターで爪先、左足甲、踝、踵、脛などを保護しているわけですね。

このプロテクター以前は鉄板でしたが、最近は樹脂製のプロテクターに変わっていて、ブーツ自体が軽くなっています。

チャック付きのバイク ブーツの場合は、万が一の転倒時に路面擦過によっての発熱で足を火傷をしないように、また壊れないように、樹脂製の大型のモノを選んだほうが良いと思います。

ライディングシューズとライディングブーツは長さの違いです。シューズは短く、ブーツは長いと言うわけです。

カジュアルシューズは靴底がライディング向けのファッション製のあるシューズで、レーシングブーツはサーキットユースで革製(レザー)でスネまである物です。

最低限くるぶしまで囲われている物で紐靴では無い物が良いですね。特に紐靴は危ないです。

オフロードブーツはオフロードバイクなどでオフロードを走る事を前提に作られたブーツで、石跳ねなどの対策で大型のプロテクターが付き、泥濘地でバイクを押しやすいような底になっているのが特徴ですね。

雨対策としては防水のライディングシューズもありますから、普通のシューズに比べると値段は高いですが防水がお勧めです。

ただし本格的な雨の場合はレインカバーを被せる必要があると思います。

ページトップへ

サイトMENU

Copyright (C) バイク用品 通販. All Rights Reserved. - 2011-2016 -